黒乳首をピンクにするクリームの効果

乳首が黒くて悩んで人でピンクにするクリームを使う人は多いです。
毎日、付けているだけで美白をしてだんだんと色をうすくしていきピンクにするなんてちょっと怪しいですよね。効果がないんじゃないかと疑う人も多いです。

結論からすると効果はあります。

乳首をピンクにすると聞くと怪しそうな感じはするのですが、普通の化粧品と原理は変わりありません。最近、利用者が急増しているクリームなどは厚生労働省から医薬部外品としての認可が下りていたりもします。

もともと色が黒くなっている原因は肌への刺激から守るために分泌されたメラニンが皮膚細胞に色素沈着をしてしまっているためです。そのため、クリームを使うことで色素沈着してしまった古い皮膚細胞(角質)を体外へ排出させることで元の色がでてくるようにです。

もともと肌には古い細胞が角質となって剥がれおち、新しい皮膚細胞を形成して生まれ変わるターンオーバーと呼ばれる働きがあるのですが、これを利用して美白をしていくのですね。乳首の商品と聞くと怪しそうな感じはするのですが、原理は脇の黒ずみやヒジの黒ずみを改善するクリームと同じとなります。

乳首をピンクにするクリームにも2種類ある

乳首をピンクにするクリームといっても、厳密にいうと2種類あります。

・美白をするクリーム
・着色するクリーム

美白をするクリームは先ほども紹介したようにもともと黒くなっている原因を改善して、根本的に乳首の色をうすくするクリームです。

メラニンに効果的な美白成分と肌のターンオーバーの効果的な保湿成分やビタミンなどを配合しています。肌の働きを利用することでだんだんと色を落としもともとの肌の色に戻るようにします。ただ、効果にも限界があり肌本来の色よりも戻るなんてことはありません。ただ、日本人で赤ちゃんの頃から色が黒いなんて人はいないので問題はないかと思います。

もう一つが着色をするクリームです。

主にドラッグストアやドンキホーテなどで販売されているのですが、乳首につけることで中に含まれている成分でピンクに着色します。そのため、使ってすぐにでも色を変化させたりすることもできるのですが、着色している成分が落ちれば元の色に戻ってしまいます。

分かりやすい例で言うとファンデーションを付ければ色はピンクになるけど、落ちればもとになるよってことですね。

ピンクにする原理を知らずに利用をしている人も多く、口コミなどで全く効き目がないなど評判が悪くなってしまっているものも多いです。洋服などに擦れて落ちてしまうこともあります。そもそもの商品自体が根本的な色の改善をする訳ではないのを知らずに購入してしまうと効果がないと思ってしまうはずです。

利用した人はファンデでもいいのではと思う人もいますが、乳首への刺激はメラニンの分泌につながるので、デリケートな部分でも使えるようになっているのがこのタイプです。

乳首のクリームの選ぶ際の注意点

クリームを選ぶ際に注意しなければならないことが一つだけあります。それは肌の中でもデリケートな乳首に付けても問題ないかって点です。

先ほど書いた乳首が黒くなる原因を思い出して貰えれば想像がつくと思うのですが、色が黒くなってしまう原因は肌への刺激によるメラニン色素の沈着です。配合されているクリームに刺激があれば逆効果となることがあるのですね。

顔に付ける美白化粧品を付ける人もいますが、デリケートな部分に付けても問題ない成分で作られているのかなど確認が必要となるのですね。

きちんと乳首に付けるために作られているクリームを利用するようにしましょう。

人気の乳首クリーム

このサイトの最初の方でちらっと紹介したクリームについても紹介しておこうと思います。

ホワイトプレミアムラグジュアリーと呼ばれるクリームなのですが、厚生労働省から医薬部外品としての認可が下りている商品となります。(医薬部外品とは薬よりもゆるやかに改善効果があらわれるものに対して認可の下りるものとなります)

利用者が増えており、口コミでも非常に評判がいいです。色々なランキングでも1位に紹介されていることもあり、更に利用者が増えるのが考えられます。

特徴としては速効性、中間型、持続性の3種類のビタミンが配合されていることです。

乳首の皮膚といっても角質層、基底層、真皮層と3つの断層に分かれて形成がされています。それぞれに効果的な成分を配合することでしっかりと効き目がでるように作られているのですね。

また、美白成分としてアルブチン・カッコンエキス・ソウハクエキスと3種類配合されています。この3つの成分を効果があらわれるように上手く配合して作られているのがホワイトラグジュアリープレミアムとなります。

もともと乳首が黒い人のために作られているクリームなので刺激の強い成分は配合しないように作られています。

効果が全くないクリームもある

乳首をピンクにするクリームは効果があると紹介してきましたが、全ての商品が含まれている訳ではありません。中には全く効き目がないものも存在します。

メラニンが分泌されるのは基底層と呼ばれる角質層と呼ばれる肌の断層の更に奥にある、基底層付近のメラノサイトと呼ばれる部分で生成がされます。しかし、クリームの中には角質層までしか成分が浸透しないものも販売されているので、ほとんど効き目があらわれないものもあるのですね。

どんな成分が配合されていようと皮膚に浸透をしていかないのであれば、ただ、蒸発してしまったり、流れ落ちてしまうだけで全くの無意味となるのです。何故、ホワイトラグジュアリーの利用者が増えているのかもその点が大きいはずです。

きちんと、角質層、基底層、真皮層に浸透する成分が配合されているので、効果を実感している人も多いのですね。また、着色して色を一時的に変化させるわけではなく、根本的に解決するために作られているのも大事なポイントです。

乳首をピンクにするクリームを購入する際はホワイトラグジュアリープレミアムのようにきちんと成分が浸透するように作られているのを利用するようにしましょう。

SNSでもご購読できます。