ハイドロキノン・トレチノイン

黒い乳首にハイドロキノンはデメリットも沢山あるので覚悟が必要

乳首が黒いことに悩みを抱え美白したいが為にハイドロキノンとトレチノインをつける人も多いですが、後悔している人も非常に多いです。両方の薬ともある一定の量をこすと日本では医師の処方無しでは販売をしてはいけないことになっています。

それほど、人体に与える影響は大きく刺激が強いので取り扱いには注意が必要な薬となるのですね。個人輸入代行業者を利用して海外から仕入れることができる為、安易に利用をしてしまう人も多いですが、きちんとデメリットを把握しないと後悔することになりかねないです。

ハイドロキノンとトレチノイン療法を黒い乳首に使うのは覚悟が必要なことなのです。ここでは、どんなデメリットがあるのか紹介していきます。実際に掲示版などで酷く後悔している人の書き込みなどからまとめたものとなります。

ハイドロキノンのデメリットにより後悔している症状

効果があらわれない

必ずしも効果があらわれる訳ではありません。使ってるうちに体に耐性ができてしまうので、だんだんと効き目が弱くなってきます。
思っていたよりも色が変わらなかったりしている人も多いです。化粧品と同じように誰しもが必ず効き目があらわれる訳ではありません。

乳首の色が黒くなる

ハイドロキノンとトレチノインを使用するってことはすでに乳首が黒いので美白してピンクにしたい人ではあります。ただ、2つのクリームの刺激が強いので逆に肌に影響を与えメラニンの分泌を過剰にしてしまうことで色が黒くなってしまうのですね。

白斑ができる

使い方の部分で軽くふれさせて頂きましたが、白斑ができる人も多いです。はみ出してしまったりすれば乳輪より色が白い部分に効き目があらわれてしまい色が変わってしまいます。また、乳輪にしろ部分的に付ける量なども変わってくるのではみ出した部分以外も色が部分的に白くなってしまうのですね。

片方の乳首だけ白い

ハイドロキノンとトレチノインの量も異なれば肌の性質は左右で全て同じって訳ではありません。そのため、片方だけ効き目があらわれてしまい右は黒くて、左は白いなんてことになってしまうのですね。左右で全く同じだと思っている人も多いですが、片方だけになんらかの症状があらわれることはごく一般的な話です。

乳首が真っ白

すぐに効き目があらわれる訳ではありませんので、使ってから時間が立ってみなければどれぐらい色が変化をするかも分かりません。しかし、付けてみて何週間か置いての繰り返しをしていると効き目があらわれるのにも時間が立ってしまいます。そのため、毎日のように乳首にクリームをつけていくのですが、気づいたら真っ白になってしまったなんて人もいるのですね。

乳輪が大きくなる

中には乳輪が大きくなったなんて後悔している人もいます。両方大きくなる人もいれば、片方のサイズだけ大きくなってしまい、おかしな感じになってしまう人もいます。刺激によってサイズが大きくなってしまう可能性があります。

肌荒れが起きる

限りなく微量であれば問題がないのですが、ある一定の量を超えると日本では医師の処方無しでは販売をすることができません。そこからも分かるように非常に刺激が強い成分となります。それを繊細にできている乳首につけるわけなので肌荒れを起こしてしまう人は非常に多いです。

乳首が黒いのより症状が酷くなる

ハイドロキノンとトレチノインのデメリットから分かるとおり、乳首が黒いことの数倍酷い症状に悩むことになっている人も多いのですね。

右と左で色が違ければ変な感じとなってしまいますし、真っ白になってしまうこともあります。肌の色って肌色と呼ばれるように透き通るように白い人でも真っ白とは程遠いです。見慣れないのでイメージができないかも知れないですが、凄く目立ってしまうのですね。

乳輪のサイズが大きくなるのにしろ、両方であればまだ増しですが片方なんてこともあります。まだ、なんとか数十万~数百万する高額な手術を受ければ失敗するリスクもありますが、サイズを小さくすることはできます。メスで切り取ってしまのでリスクも非常に高く失敗してもお金が戻ってくる訳ではありません。

症状が悪化してしまえば取り返しのつかないことになってしまうのですね。ハイドロキノンとトレチノインを使って美白をするのであれば、覚悟が必要となるのです。後悔しても元には戻らないので、必ずリスクが高いのを知った上で使うようにしましょう。

個人輸入代行を問題視する意見もある

個人輸入代行業者が扱ってるのは基本的に日本で販売できない又は販売されていないものです。販売が禁止されていても海外へ自分で買い付けにいって自己使用する分には許可がでているのがあるのですね。ハイドロキノンとトレチノインはこれに分類されます。

変わりに買い付けを行うだけであって、販売をしているのではないですよって部分で成り立っているのですね。

しかし、上記のデメリットからも分かるように色々と問題が起きているのも事実です。そのため、海外の薬事団体は個人輸入代行業者のホームページなどの削除申請を行うようになっています。実際に多くの人がハイドロキノンを入手する際に利用していたホームページも消えてしまったことがあります。

ただ、新しくホームページが作られるだけなのに実質効き目が無い状態にはなっているのですね。それだけ問題視する考えもあるのです。日本で販売できないのはそれだけの理由がある訳だからであってそこをきちんと理解しないといけません。

安全に黒い乳首をピンクに美白したいなら

ここまで他のサイトではあまり触れていないデメリットを紹介させて頂いたので、きちんとリスクを理解した人は安全な方法で行っていきたいと考える方もいると思います。それであれば乳首のクリームを使った方がいいです。

そもそも乳首が黒いのもシミなどと変わりはありません。メラニンが色素沈着をしてしまった為に皮膚の色が変化して見えるだけです。紫外線によってシミができたのか、下着の擦れなどによってシミができたのかの違いでしかないのですね。

そのため、肌のターンオーバーと呼ばれる働きを促進させることで美白をして乳首をピンクにすることは可能となります。

刺激の少ない成分で作られた乳首のクリームやデリケートゾーンに使える美白化粧品が販売されています。そういったのを用いることで美白対策は可能となるのです。

もしかしたら百貨店などで一度購入したことがある人もいるかも知れないですが、それとはまた違ってきます。効き目がないなんて非常に評判の悪い商品も多いのですが、薬局やドラッグストアなどで販売されていたりもする安い乳首のクリームは美白をするのではなく、着色をするものだったりするのですね。

ただ、上に色をつけているだけなので拭いて取ってしまえば元の色に戻るのです。そういったものではなくて、きちんと黒いのを改善する効果があるのを利用しなければなりません。乳首のクリームと聞くとなんた効き目がないような怪しいのを思い浮かべてしまいますが、きちんとして美白用化粧品が販売されているのですね。

安全に乳首が黒いのを美白したい人は乳首やデリケートゾーンの美白化粧品を使いましょう。

このサイトではハイドロキノンやトレチノインを使った乳首をピンクにする方法を主に紹介をしていますが、安全な方法をお探しの方は下記サイトが詳しく書かれているのでそちらをご覧頂いた方が言いかと思います。人気クリームをはじめ、ヨーグルトのホエイやリスク無しで美白できる方法について詳しく書かれています。

乳首黒いのとさよなら – 乳首をピンクにするクリーム

ハイドロキノン・トレチノインと乳首クリームならどちらが良い?

黒い乳首をピンクにするのであれば、定番は乳首クリームまたはハイドロキノン・トレチノインのダブル療法のどちらかだと思います。

まれにヨーグルトのホエーを利用して美白パックをする人もいますが、全く効果があらわれたなんてことは聞かないです。確かにホエイにはビタミンやミネラルを豊富に含んでいるので美白効果が期待できますが、実際のところは効き目を感じている人はほとんどいません。

少し話がそれましたが、乳首クリームを使うのかハイドロキノンとトレチノインのどちらを使うのか悩む人も多いと思います。では、どちらのほうがいいのかなどについて紹介していきます。

効果に関しては薬品として認可が下りているだけにハイドロキノンとトレチノインが非常に優れているのですが、副作用のリスクが非常に高いです。効果・リスク・購入方法などを踏まえて紹介していきます。

ハイドロキノンとトレチノイン

ハイドロキノンとトレチノインは美白効果に非常に優れており、効果は非常に高いです。乳首が黒い原因となっているメラニンを皮膚から剥がし、排出する効果があるのでかなり早い段階で効き目があらわれることも多く、色を薄くする効果があります。

ただ、非常にリスクのある薬品ともなります。この2つの成分は刺激が非常に強く、肌に与える影響も大きいため日本では医師の処方なしでは購入することができない薬です。

副作用としては刺激によってメラニンが分泌され余計ドス黒くなったや乳輪のサイズが大きくなった、効果がありすぎて白い部分と黒い部分ができてしまった(白斑)、乳輪が真っ白になった、肌荒れを起こしたなどがわたしの知る限りあります。効き目がありすぎるが上に真っ白乳首になってしまったり、部分的に白い部分ができてしまったりなどもあるのですね。

乳輪のサイズは真っ白になったのは元に戻すことも難しいです。使う前よりも酷い状態となり、なおかつ改善方法も100万するような手術となったりで後悔をするリスクがあるので後悔している人も多いです。(後悔してもどうしようもないのですが・・・)

この2つの成分が配合されたのは日本では医師の処方なければ販売することができない薬となっています。しかし、乳首が黒いからといって簡単に処方してくれるわけではありません。では、他の人たちはどのように購入しているかというと、輸入代行業者を利用しています。

ハイドロもトレチの違法な薬ではないので、海外では薬局などで販売されている国もあります。そういった国から輸入代行業者が変わりに仕入れてくれて販売をしてくれるのです。実質、通販を利用する感覚で利用することができます。

通販で購入するのと同じ感覚となるので、日本では医師の許可なしでは利用することができない薬ってことを知らずに利用して後悔している人も多いです。近年、こういったトラブルもあるのでアメリカの薬事に関する団体が色々な代行業者のサイトを閉鎖へと追いやっているなどのこともあるみたいです。

完全に使用は自己責任となり、副作用が起きて後悔してもどうしようもないので、リスクが非常に高いと分かった上で使用するようにしましょう。

乳首クリーム

乳首クリームはいうなれば乳首にもつけても問題がない黒ずみ用化粧品です。ヒジや膝などに多いのですが、ぶつけたりするなどのことも多いからだの部位となるので刺激によってメラニンが分泌され、黒ずみができている人は多いです。ワキ毛の処理をしたかみそりの刺激でワキが黒い人もいますね。

黒ずみ対策用クリームとして脱毛サロンや通販などで色々と販売されているのですが、それを乳首にも使える成分で作られたものとなります。そのため、安全性に関しては普通の化粧品と変わりありません。人によっては肌質やアレルギーによって肌荒れを起こす可能性がある程度です。

効果に関してはトレチノインとハイドロキノンに比べれば弱いです。ただ、医薬品と化粧品の間に位置する医薬部外品も販売されており、効き目があらわれた人が非常に多いクリームなどもあります。早い人で3週間程度で効き目があらわれているなんて口コミもありますが、3ヶ月程度は満足する効果があらわれるのにかかると考えた方がいいです。

結局どっちがいいの?

どっちがいいのかはあなた次第にもよって変わってくると思います。個人的には間違いなくリスクの無い乳首クリームがおすすめです。

どうしてもすぐ効果を出したいのであればハイドロキノンとトレチノインを使うしかありません。ただ、乳輪が大きくなった人や真っ白になって変になった人もいるのでリスクがあるのを熟知した上で使用する必要があります。

すぐには改善したいけど、副作用のある薬は使いたくないのであれば乳首クリームとなります。

乳首ピンククリームとして販売されているので本当に効果があるのか怪しい感じがしてしまいますが、普通の黒ずみ対策クリームを乳首に付けられる成分で作られていると考えて貰えればいいと思います。

ただ、分かるように赤ちゃんの頃の色素沈着していない肌の色よりも更に白くなるってことはないので勘違いをしないようにしてください。日本人で幼児の頃から色が黒い人はいないので問題はないと思いますが、一応間違えないように!!