2015年 10月 の投稿一覧

黒乳首をピンクにするクリームの効果

乳首が黒くて悩んで人でピンクにするクリームを使う人は多いです。
毎日、付けているだけで美白をしてだんだんと色をうすくしていきピンクにするなんてちょっと怪しいですよね。効果がないんじゃないかと疑う人も多いです。

結論からすると効果はあります。

乳首をピンクにすると聞くと怪しそうな感じはするのですが、普通の化粧品と原理は変わりありません。最近、利用者が急増しているクリームなどは厚生労働省から医薬部外品としての認可が下りていたりもします。

もともと色が黒くなっている原因は肌への刺激から守るために分泌されたメラニンが皮膚細胞に色素沈着をしてしまっているためです。そのため、クリームを使うことで色素沈着してしまった古い皮膚細胞(角質)を体外へ排出させることで元の色がでてくるようにです。

もともと肌には古い細胞が角質となって剥がれおち、新しい皮膚細胞を形成して生まれ変わるターンオーバーと呼ばれる働きがあるのですが、これを利用して美白をしていくのですね。乳首の商品と聞くと怪しそうな感じはするのですが、原理は脇の黒ずみやヒジの黒ずみを改善するクリームと同じとなります。

乳首をピンクにするクリームにも2種類ある

乳首をピンクにするクリームといっても、厳密にいうと2種類あります。

・美白をするクリーム
・着色するクリーム

美白をするクリームは先ほども紹介したようにもともと黒くなっている原因を改善して、根本的に乳首の色をうすくするクリームです。

メラニンに効果的な美白成分と肌のターンオーバーの効果的な保湿成分やビタミンなどを配合しています。肌の働きを利用することでだんだんと色を落としもともとの肌の色に戻るようにします。ただ、効果にも限界があり肌本来の色よりも戻るなんてことはありません。ただ、日本人で赤ちゃんの頃から色が黒いなんて人はいないので問題はないかと思います。

もう一つが着色をするクリームです。

主にドラッグストアやドンキホーテなどで販売されているのですが、乳首につけることで中に含まれている成分でピンクに着色します。そのため、使ってすぐにでも色を変化させたりすることもできるのですが、着色している成分が落ちれば元の色に戻ってしまいます。

分かりやすい例で言うとファンデーションを付ければ色はピンクになるけど、落ちればもとになるよってことですね。

ピンクにする原理を知らずに利用をしている人も多く、口コミなどで全く効き目がないなど評判が悪くなってしまっているものも多いです。洋服などに擦れて落ちてしまうこともあります。そもそもの商品自体が根本的な色の改善をする訳ではないのを知らずに購入してしまうと効果がないと思ってしまうはずです。

利用した人はファンデでもいいのではと思う人もいますが、乳首への刺激はメラニンの分泌につながるので、デリケートな部分でも使えるようになっているのがこのタイプです。

乳首のクリームの選ぶ際の注意点

クリームを選ぶ際に注意しなければならないことが一つだけあります。それは肌の中でもデリケートな乳首に付けても問題ないかって点です。

先ほど書いた乳首が黒くなる原因を思い出して貰えれば想像がつくと思うのですが、色が黒くなってしまう原因は肌への刺激によるメラニン色素の沈着です。配合されているクリームに刺激があれば逆効果となることがあるのですね。

顔に付ける美白化粧品を付ける人もいますが、デリケートな部分に付けても問題ない成分で作られているのかなど確認が必要となるのですね。

きちんと乳首に付けるために作られているクリームを利用するようにしましょう。

人気の乳首クリーム

このサイトの最初の方でちらっと紹介したクリームについても紹介しておこうと思います。

ホワイトプレミアムラグジュアリーと呼ばれるクリームなのですが、厚生労働省から医薬部外品としての認可が下りている商品となります。(医薬部外品とは薬よりもゆるやかに改善効果があらわれるものに対して認可の下りるものとなります)

利用者が増えており、口コミでも非常に評判がいいです。色々なランキングでも1位に紹介されていることもあり、更に利用者が増えるのが考えられます。

特徴としては速効性、中間型、持続性の3種類のビタミンが配合されていることです。

乳首の皮膚といっても角質層、基底層、真皮層と3つの断層に分かれて形成がされています。それぞれに効果的な成分を配合することでしっかりと効き目がでるように作られているのですね。

また、美白成分としてアルブチン・カッコンエキス・ソウハクエキスと3種類配合されています。この3つの成分を効果があらわれるように上手く配合して作られているのがホワイトラグジュアリープレミアムとなります。

もともと乳首が黒い人のために作られているクリームなので刺激の強い成分は配合しないように作られています。

効果が全くないクリームもある

乳首をピンクにするクリームは効果があると紹介してきましたが、全ての商品が含まれている訳ではありません。中には全く効き目がないものも存在します。

メラニンが分泌されるのは基底層と呼ばれる角質層と呼ばれる肌の断層の更に奥にある、基底層付近のメラノサイトと呼ばれる部分で生成がされます。しかし、クリームの中には角質層までしか成分が浸透しないものも販売されているので、ほとんど効き目があらわれないものもあるのですね。

どんな成分が配合されていようと皮膚に浸透をしていかないのであれば、ただ、蒸発してしまったり、流れ落ちてしまうだけで全くの無意味となるのです。何故、ホワイトラグジュアリーの利用者が増えているのかもその点が大きいはずです。

きちんと、角質層、基底層、真皮層に浸透する成分が配合されているので、効果を実感している人も多いのですね。また、着色して色を一時的に変化させるわけではなく、根本的に解決するために作られているのも大事なポイントです。

乳首をピンクにするクリームを購入する際はホワイトラグジュアリープレミアムのようにきちんと成分が浸透するように作られているのを利用するようにしましょう。

黒い乳首にハイドロキノンはデメリットも沢山あるので覚悟が必要

乳首が黒いことに悩みを抱え美白したいが為にハイドロキノンとトレチノインをつける人も多いですが、後悔している人も非常に多いです。両方の薬ともある一定の量をこすと日本では医師の処方無しでは販売をしてはいけないことになっています。

それほど、人体に与える影響は大きく刺激が強いので取り扱いには注意が必要な薬となるのですね。個人輸入代行業者を利用して海外から仕入れることができる為、安易に利用をしてしまう人も多いですが、きちんとデメリットを把握しないと後悔することになりかねないです。

ハイドロキノンとトレチノイン療法を黒い乳首に使うのは覚悟が必要なことなのです。ここでは、どんなデメリットがあるのか紹介していきます。実際に掲示版などで酷く後悔している人の書き込みなどからまとめたものとなります。

ハイドロキノンのデメリットにより後悔している症状

効果があらわれない

必ずしも効果があらわれる訳ではありません。使ってるうちに体に耐性ができてしまうので、だんだんと効き目が弱くなってきます。
思っていたよりも色が変わらなかったりしている人も多いです。化粧品と同じように誰しもが必ず効き目があらわれる訳ではありません。

乳首の色が黒くなる

ハイドロキノンとトレチノインを使用するってことはすでに乳首が黒いので美白してピンクにしたい人ではあります。ただ、2つのクリームの刺激が強いので逆に肌に影響を与えメラニンの分泌を過剰にしてしまうことで色が黒くなってしまうのですね。

白斑ができる

使い方の部分で軽くふれさせて頂きましたが、白斑ができる人も多いです。はみ出してしまったりすれば乳輪より色が白い部分に効き目があらわれてしまい色が変わってしまいます。また、乳輪にしろ部分的に付ける量なども変わってくるのではみ出した部分以外も色が部分的に白くなってしまうのですね。

片方の乳首だけ白い

ハイドロキノンとトレチノインの量も異なれば肌の性質は左右で全て同じって訳ではありません。そのため、片方だけ効き目があらわれてしまい右は黒くて、左は白いなんてことになってしまうのですね。左右で全く同じだと思っている人も多いですが、片方だけになんらかの症状があらわれることはごく一般的な話です。

乳首が真っ白

すぐに効き目があらわれる訳ではありませんので、使ってから時間が立ってみなければどれぐらい色が変化をするかも分かりません。しかし、付けてみて何週間か置いての繰り返しをしていると効き目があらわれるのにも時間が立ってしまいます。そのため、毎日のように乳首にクリームをつけていくのですが、気づいたら真っ白になってしまったなんて人もいるのですね。

乳輪が大きくなる

中には乳輪が大きくなったなんて後悔している人もいます。両方大きくなる人もいれば、片方のサイズだけ大きくなってしまい、おかしな感じになってしまう人もいます。刺激によってサイズが大きくなってしまう可能性があります。

肌荒れが起きる

限りなく微量であれば問題がないのですが、ある一定の量を超えると日本では医師の処方無しでは販売をすることができません。そこからも分かるように非常に刺激が強い成分となります。それを繊細にできている乳首につけるわけなので肌荒れを起こしてしまう人は非常に多いです。

乳首が黒いのより症状が酷くなる

ハイドロキノンとトレチノインのデメリットから分かるとおり、乳首が黒いことの数倍酷い症状に悩むことになっている人も多いのですね。

右と左で色が違ければ変な感じとなってしまいますし、真っ白になってしまうこともあります。肌の色って肌色と呼ばれるように透き通るように白い人でも真っ白とは程遠いです。見慣れないのでイメージができないかも知れないですが、凄く目立ってしまうのですね。

乳輪のサイズが大きくなるのにしろ、両方であればまだ増しですが片方なんてこともあります。まだ、なんとか数十万~数百万する高額な手術を受ければ失敗するリスクもありますが、サイズを小さくすることはできます。メスで切り取ってしまのでリスクも非常に高く失敗してもお金が戻ってくる訳ではありません。

症状が悪化してしまえば取り返しのつかないことになってしまうのですね。ハイドロキノンとトレチノインを使って美白をするのであれば、覚悟が必要となるのです。後悔しても元には戻らないので、必ずリスクが高いのを知った上で使うようにしましょう。

個人輸入代行を問題視する意見もある

個人輸入代行業者が扱ってるのは基本的に日本で販売できない又は販売されていないものです。販売が禁止されていても海外へ自分で買い付けにいって自己使用する分には許可がでているのがあるのですね。ハイドロキノンとトレチノインはこれに分類されます。

変わりに買い付けを行うだけであって、販売をしているのではないですよって部分で成り立っているのですね。

しかし、上記のデメリットからも分かるように色々と問題が起きているのも事実です。そのため、海外の薬事団体は個人輸入代行業者のホームページなどの削除申請を行うようになっています。実際に多くの人がハイドロキノンを入手する際に利用していたホームページも消えてしまったことがあります。

ただ、新しくホームページが作られるだけなのに実質効き目が無い状態にはなっているのですね。それだけ問題視する考えもあるのです。日本で販売できないのはそれだけの理由がある訳だからであってそこをきちんと理解しないといけません。

安全に黒い乳首をピンクに美白したいなら

ここまで他のサイトではあまり触れていないデメリットを紹介させて頂いたので、きちんとリスクを理解した人は安全な方法で行っていきたいと考える方もいると思います。それであれば乳首のクリームを使った方がいいです。

そもそも乳首が黒いのもシミなどと変わりはありません。メラニンが色素沈着をしてしまった為に皮膚の色が変化して見えるだけです。紫外線によってシミができたのか、下着の擦れなどによってシミができたのかの違いでしかないのですね。

そのため、肌のターンオーバーと呼ばれる働きを促進させることで美白をして乳首をピンクにすることは可能となります。

刺激の少ない成分で作られた乳首のクリームやデリケートゾーンに使える美白化粧品が販売されています。そういったのを用いることで美白対策は可能となるのです。

もしかしたら百貨店などで一度購入したことがある人もいるかも知れないですが、それとはまた違ってきます。効き目がないなんて非常に評判の悪い商品も多いのですが、薬局やドラッグストアなどで販売されていたりもする安い乳首のクリームは美白をするのではなく、着色をするものだったりするのですね。

ただ、上に色をつけているだけなので拭いて取ってしまえば元の色に戻るのです。そういったものではなくて、きちんと黒いのを改善する効果があるのを利用しなければなりません。乳首のクリームと聞くとなんた効き目がないような怪しいのを思い浮かべてしまいますが、きちんとして美白用化粧品が販売されているのですね。

安全に乳首が黒いのを美白したい人は乳首やデリケートゾーンの美白化粧品を使いましょう。

このサイトではハイドロキノンやトレチノインを使った乳首をピンクにする方法を主に紹介をしていますが、安全な方法をお探しの方は下記サイトが詳しく書かれているのでそちらをご覧頂いた方が言いかと思います。人気クリームをはじめ、ヨーグルトのホエイやリスク無しで美白できる方法について詳しく書かれています。

乳首黒いのとさよなら – 乳首をピンクにするクリーム