乳首のクリームには乾燥やかゆみを防ぐ効果がある

乳首をピンクにするクリームとして、ドラッグストアや薬局、通販などで色々な種類のが販売されています。

実はこのクリームには保湿して乾燥対策としての効果が期待できます。もともと美白するために必用となる成分が肌の保湿成分。
毎日塗ることによって乾燥対策用クリームとしても使うことができるのですね。

そして、気になる乳首のかゆみ・・・

このかゆみの原因はカサカサに肌が乾燥をしてしまったためです。保湿成分によって乾燥を防ぐための膜を作り、外からの刺激を守るようになっています。

しかし、保湿ができていないため、刺激から守る機能がきちんと働かずに肌が外的要因に弱い作りとなってしまいます。ちょっとの刺激でかゆいと感じるようになってしまうのですね。

乳首のクリームには美白としての効果だけでなく、乾燥とかゆみ対策としての効果も期待することができるんです。

かゆみがあることは非常に怖い

実は肌トラブルの中でも一番気おつけなければならないのがかゆみです。

かゆいってのは我慢するのも難しいので、どうしてもかいてしまいます。しかし、刺激を与えることによって、他にも色々な肌トラブルがあらわれてきます。

乳首が黒い原因に関しても同じように刺激です。刺激によって肌を守るための役割を持つメラニンが作られて、大量に分泌をするようになります。メラニンには色素があるので、肌に色素沈着を起こしてしまい、色を黒くしてしまう性質があります。

シミも同じように紫外線による刺激なのですね。

また、かいてしまうことにって、肌のバリア機能も衰えてしまい保湿成分を剥がれ落としてしまいます。結果、どんどん皮膚内の水分が蒸発してなくなるようになるので、乾燥を起こし、更にかゆみを増していくのです。

ケアをしない限り永遠に負のループが回ってくるようになってしまうのですね。

スキンケアの基本は保湿といわれていますが、それはこういったメラニンの分泌や乾燥対策を防ぐための基本となっているからなのですね。

かゆみがあらわれたら注意するようにしましょう。

乳首のケアはクリームだけで問題ない

ここまで書いた内容で分かるとおり、乳首のケアに必用なことはクリームで全て揃っているのですね。

美白を行う
保湿を行う
かゆみを防ぐ

まさにこれ1本って感じで事足りるのです。しかし、どんなクリームを使えば良いって訳でもありません。配合されている成分にだけは気おつけなければならないのですね。

肌の美白をするのであれば効果的な成分でハイドロキノンやトレチノインがあります。しかし、刺激が非常に強い成分となるので乳首に付けるクリームに配合されている場合は気おつけなければなりません。

肌の漂白剤とも呼ばれ非常に優れた美白成分ではあるのですが、刺激によって色を黒くしてしまったり、保湿剤の膜を剥がしてしまうことがあります。ケアと悪影響の紙一重となるのですね。

できるだけ敏感な作りになっている乳首に付ける際には配合されていないのを選ぶようにしたほうがいいです。黒くするのは簡単でも色を美白してピンクにするのは時間がかかることなのですから・・・

乳首のクリームを利用する際にはできるだけ刺激成分が配合されていないのを利用しましょう。

SNSでもご購読できます。