ハイドロキノン・トレチノインと乳首クリームならどちらが良い?

黒い乳首をピンクにするのであれば、定番は乳首クリームまたはハイドロキノン・トレチノインのダブル療法のどちらかだと思います。

まれにヨーグルトのホエーを利用して美白パックをする人もいますが、全く効果があらわれたなんてことは聞かないです。確かにホエイにはビタミンやミネラルを豊富に含んでいるので美白効果が期待できますが、実際のところは効き目を感じている人はほとんどいません。

少し話がそれましたが、乳首クリームを使うのかハイドロキノンとトレチノインのどちらを使うのか悩む人も多いと思います。では、どちらのほうがいいのかなどについて紹介していきます。

効果に関しては薬品として認可が下りているだけにハイドロキノンとトレチノインが非常に優れているのですが、副作用のリスクが非常に高いです。効果・リスク・購入方法などを踏まえて紹介していきます。

ハイドロキノンとトレチノイン

ハイドロキノンとトレチノインは美白効果に非常に優れており、効果は非常に高いです。乳首が黒い原因となっているメラニンを皮膚から剥がし、排出する効果があるのでかなり早い段階で効き目があらわれることも多く、色を薄くする効果があります。

ただ、非常にリスクのある薬品ともなります。この2つの成分は刺激が非常に強く、肌に与える影響も大きいため日本では医師の処方なしでは購入することができない薬です。

副作用としては刺激によってメラニンが分泌され余計ドス黒くなったや乳輪のサイズが大きくなった、効果がありすぎて白い部分と黒い部分ができてしまった(白斑)、乳輪が真っ白になった、肌荒れを起こしたなどがわたしの知る限りあります。効き目がありすぎるが上に真っ白乳首になってしまったり、部分的に白い部分ができてしまったりなどもあるのですね。

乳輪のサイズは真っ白になったのは元に戻すことも難しいです。使う前よりも酷い状態となり、なおかつ改善方法も100万するような手術となったりで後悔をするリスクがあるので後悔している人も多いです。(後悔してもどうしようもないのですが・・・)

この2つの成分が配合されたのは日本では医師の処方なければ販売することができない薬となっています。しかし、乳首が黒いからといって簡単に処方してくれるわけではありません。では、他の人たちはどのように購入しているかというと、輸入代行業者を利用しています。

ハイドロもトレチの違法な薬ではないので、海外では薬局などで販売されている国もあります。そういった国から輸入代行業者が変わりに仕入れてくれて販売をしてくれるのです。実質、通販を利用する感覚で利用することができます。

通販で購入するのと同じ感覚となるので、日本では医師の許可なしでは利用することができない薬ってことを知らずに利用して後悔している人も多いです。近年、こういったトラブルもあるのでアメリカの薬事に関する団体が色々な代行業者のサイトを閉鎖へと追いやっているなどのこともあるみたいです。

完全に使用は自己責任となり、副作用が起きて後悔してもどうしようもないので、リスクが非常に高いと分かった上で使用するようにしましょう。

乳首クリーム

乳首クリームはいうなれば乳首にもつけても問題がない黒ずみ用化粧品です。ヒジや膝などに多いのですが、ぶつけたりするなどのことも多いからだの部位となるので刺激によってメラニンが分泌され、黒ずみができている人は多いです。ワキ毛の処理をしたかみそりの刺激でワキが黒い人もいますね。

黒ずみ対策用クリームとして脱毛サロンや通販などで色々と販売されているのですが、それを乳首にも使える成分で作られたものとなります。そのため、安全性に関しては普通の化粧品と変わりありません。人によっては肌質やアレルギーによって肌荒れを起こす可能性がある程度です。

効果に関してはトレチノインとハイドロキノンに比べれば弱いです。ただ、医薬品と化粧品の間に位置する医薬部外品も販売されており、効き目があらわれた人が非常に多いクリームなどもあります。早い人で3週間程度で効き目があらわれているなんて口コミもありますが、3ヶ月程度は満足する効果があらわれるのにかかると考えた方がいいです。

結局どっちがいいの?

どっちがいいのかはあなた次第にもよって変わってくると思います。個人的には間違いなくリスクの無い乳首クリームがおすすめです。

どうしてもすぐ効果を出したいのであればハイドロキノンとトレチノインを使うしかありません。ただ、乳輪が大きくなった人や真っ白になって変になった人もいるのでリスクがあるのを熟知した上で使用する必要があります。

すぐには改善したいけど、副作用のある薬は使いたくないのであれば乳首クリームとなります。

乳首ピンククリームとして販売されているので本当に効果があるのか怪しい感じがしてしまいますが、普通の黒ずみ対策クリームを乳首に付けられる成分で作られていると考えて貰えればいいと思います。

ただ、分かるように赤ちゃんの頃の色素沈着していない肌の色よりも更に白くなるってことはないので勘違いをしないようにしてください。日本人で幼児の頃から色が黒い人はいないので問題はないと思いますが、一応間違えないように!!

SNSでもご購読できます。